摩擦や刺激でできた炎症性色素沈着は消えやすい!

摩擦や刺激でできた炎症性色素沈着は消えやすい! 肌を掻いていてできてしまった色素沈着や擦り傷や切り傷の跡として残ってしまった黒ずみ、それから炎症したニキビの名残として残る 色素沈着は比較的な治りやすいものです。


肌の防衛反応としてメラニンが生成されてそれが沈着してしまっている状態なので、メラニンを漂白してしまうハイドロキノンを使ったり、 肌のターンオーバーを促してメラニンを排出することできれいな肌を取り戻せます。


表皮は常に新しい細胞と入れ替わっているので表皮に沈着したメラニンも時間が経てば薄くなっていくのが普通です。 辛抱していれば勝手に消えるのでケアする必要はないといえばないです。


ただ、消えるといっても数か月かかるのが普通です。顔と比べて身体の皮膚のターンオーバーが遅いことも影響しますし、 肌を掻きむしってその結果できてしまった色素沈着の場合は肌ダメージも深いということもあって、回復までには相当の時間がかかると思っておいたほうがいいです。


顔であればコンシーラーやファンデーション、お腹や背中であれば服を着ているので隠すことができますが、 人によっては隠しきれない大きさのこともありますし、何か月も汚い肌のままで辛抱できないという人もいるはずです。


そのため、とにかく早く色素沈着を消そうと思ったら肌のターンオーバーを高めるケアをしつつ、ハイドロキノンなどのできてしまったメラニンに作用する美白成分でケアすることが効果的です。「排出×還元」の2つがポイントです。

老人性色素斑(=紫外線が原因のシミ)は消えにくい!

老人性色素斑(=紫外線が原因のシミ)は消えにくい! 顔はもちろんですが。身体であっても日焼けすると色素沈着ができます。この紫外線が原因のシミを「老人性色素斑」といいます。


紫外線によるシミもメラニンが沈着しているのは間違いないんですが、肌細胞が紫外線ダメージでおかしくなってしまってエラーが起きているケースがあるというのがポイントです。


紫外線は肌細胞をガン化させることでもわかるようにDNAを傷つけます。DNAを傷つけられた細胞は変性・劣化するので正常な働きが次第に行われなくなってしまいます。


異常な量のメラニンを生成したり、代謝機能が著しく低下したりといった問題をを引き起こしてしまうので、色素沈着ができるとそのまま消えないといったことが起こってしまうんですね。


ただ単にメラニンが表皮に沈着しているだけの炎症性色素沈着と違って紫外線が原因のシミは皮膚破壊や細胞のエラーが起きているので、 メラニンケアではどうにもならずにシミが消えなかったり、消えてもすぐに再発してしまうんです。


紫外線によるシミ・色素沈着ができてしまった肌には、その背景により深刻な肌トラブルが起こっているということは覚えておいたほうがいいです。 同じ色素沈着であっても炎症性色素沈着とは美白の効きやすさに雲泥の差があるのはこういう理由からです。


消えるシミと消えないシミの違いというのもこのあたりに原因があると思って間違いないです。


消えるタイプの色素沈着なら、、 ハイドロキノン配合クリームの特徴
Copyright © 2014 乾燥肌のかゆみでできた色素沈着に美白コスメを使ってみた· All Rights Reserved·