乾燥肌、敏感肌だと思ったらアトピーだったというケースが増加中!

乾燥肌、敏感肌だと思ったらアトピーだったというケースが増加中! 僕もその一人ですが、大人になってアトピーを発症しました。花粉症などと一緒で子供のころはなんともなかったけれど、 大人になってそうしたアレルギー症状がでてくるということが最近は増えてきているそうなんですね。


免疫機能の異常はその人にとっての弱点に出てくるなんて話もあるわけですが、花粉症という場合もあるし、アトピー性皮膚炎という場合もあるわけです。


大人になって発症する成人型アトピー性皮膚炎というのは子供のアトピーと違って、 目のまわりや首など顔に症状が集中するというのが特徴です。そして、ストレスや生活習慣など環境因子の影響で発症したり、悪化します。


僕自身の経験に照らし合わせてみても成人型アトピー性皮膚炎というのはストレスの影響が大きいと感じています。 保湿剤や外用薬等、いろいろ試しましたが、そうしたスキンケアよりも仕事を辞めたことのほうが効果があったように思います。


基本的にただの乾燥肌であれば、カサカサしたり、白い粉を吹くとかその程度の症状です。 しかし、アトピー性皮膚炎というのはそれこそ我慢できないほどのかゆみがあります。 炎症が強いのでその分かゆみもひどくなってしまうのがその理由です。


猛烈なかゆみがあるというのが成人型アトピー性皮膚炎の1つのサインです。その他には赤みやぶつぶつ、皮膚がじくじくしたり、ゴワつくといった症状もあるみたいです。 じくじくしたり、ゴワつくのは掻き毟ることで皮膚破壊が進んでしまうからではないでしょうかね。

ステロイド外用薬にまつわる勘違い

ステロイド外用薬にまつわる勘違い アトピー性皮膚炎の炎症を鎮める目的で使われるのがステロイド外用薬(内服薬もある)です。 ただ、このステロイドは過去に行われた偏向報道のせいでいまだに偏見をもたれている薬でもあります。


ステロイドによくある勘違いを紹介しておくと


・色素沈着ができる
・皮膚が薄くなる
・リバウンドする
・成分が体内にたまる


いずれも皮膚科医の指導の下、塗布する場所、量、期間、強さを考えてステロイド剤を処方してもらい、指示されたとおりに使用すれば起こらない副作用ばかりです。


昔と違って今は、TARC検査という血液検査があり、炎症レベルを数字で把握できるようになっています。 昔は肌の炎症具合を確認して適切なステロイドを処方するなど医者の実力が問われたみたいなんですが、 今は検査で判明した炎症レベルにあわせてステロイドを処方するだけなので、医師の実力差というのは関係なくなりつつあります。


TARC検査を実施している皮膚科であればどこの皮膚科にいっても最適なアトピー治療が行われるようになっているというわけです。 昔と比べてアトピー治療も進歩しているので、昔の常識にいつまでも縛られていると機会損失してしまうので注意してくださいね。


どうしてもステロイドを使いたくないという人には、タクロリムス外用薬や免疫抑制作用のあるネオーラルという内服薬もあるので、 そちらを使って治療できないか?ということを皮膚科の先生に尋ねてみてもいいかと思います。


色素沈着が残ってしまったら、、 漂白効果のある美白成分でお手入れ
Copyright © 2014 乾燥肌のかゆみでできた色素沈着に美白コスメを使ってみた· All Rights Reserved·